タツナミソウとルバーム

これはタツナミソウです。
石と石の隙間に根が残っていて、毎年玄関わきのこのあたりに花を咲かせます。咲き始めの今頃は、可愛くてきれいなのですが、夏になると石の間に水分がなくなってしまうのか、葉がしおれたり、よごれたりで、草むしりの時など、むしってしまうことがあります。
それでも、毎年、時季になると花を咲かせてくれます。
画像

画像

これは、ルバームです。茎でジャムをつくります。
イギリスなどではよく使われているようです。
画像

まだ小さいうちは草のように見えるので、昨年は草取りの時に、主人にむしり取られてしまいました。
がっかりしましたが、根が残っていて、春になって芽が出てきました。
これを見つけた時は、本当に嬉しかったものです。そして、見つけた時に根を掘り出して、一つなくなってもいいようにと、株分けをして4株にしました。
画像

ここにはこの間まで、二輪草がさいていました。草取りの時になくなってしまいました。でも、根は残っているので、、来年は咲いてくれると思います。毎年そうなのです。
画像

この記事へのコメント